予防歯科について

治療をするのではなく「予防」をするへ

近年ではこどものむし歯の数は減少傾向にあるのはご存知でしょうか。数十年前と比べ医療技術の進歩やデンタルIQ(歯に対する知識)が高まっているため、歯科は「治療をする所」から「予防をする所」へと意識が変化しているからと考えられます。

予防を行いむし歯や歯周病リスクを抑えることによって、何度もむし歯・歯周病治療で通院する必要が無くなり、経済的な負担も減らすことができます。当院では歯周病の専門医として、むし歯や歯周病の予防に注力し取り組んでおります。予防においても保険診療でできることが限られているため、ホワイトエッセンスに加盟し、より予防対策に力を入れる院内体制を構築いたしました。

歯の健康寿命を延ばす第一歩はまず「予防」からです。しっかりと患者さまに寄り添い、無理のない治療を行ってまいります。

 

予防するために大事なこと

ご自身でのセルフケアはもちろんですが、日々のブラッシングでは除去しきれない汚れがあるため、歯科医院で歯科衛生士による定期的なクリーニングを行うことが重要です。これを継続することにより衛生的な口腔内環境を保つことができ、むし歯や歯周病リスクを軽減させます。

受診目安:3ヶ月に一度は歯のメンテナンスをしましょう。

またブラッシング時に出血する・痛みがあるなどの症状がある場合には歯周病のサインです。早急に受診するようにしましょう。

 

当院で行っていること

・TBI(ブラッシング指導)

毎日のブラッシングは、しっかり磨けたと思っていても実はブラシが当たっておらず、磨き残しのある方がほとんどです。歯科衛生士が普段のブラッシングの仕方をお聞きして、患者さまに合ったブラシの当て方やデンタルフロスの使用方法を丁寧にご説明いたします。

 

・PMTC

PMTCとは、日々のセルフケアなどでは落としきれなかった汚れやばい菌の層を、専用の機械を使用し除去を行うクリーニングのことです。

積極的に行うことにより、むし歯や歯周病の予防に繋がります。末永く「おいしい」を楽しんでいただくためにも、定期的なPMTCを推奨しております。

 

・フッ素塗布

フッ素の働きにより、歯質を強化しむし歯になりにくい歯を作ります。抗菌作用や抗酸化作用によりむし歯菌の活動を抑制し、むし歯になりかけた部分の自然修復(再石灰化)を促進します。

また、こどもから大人までフッ素塗布は可能ですので、お子さまのむし歯予防としてもよく使用されています。

上記でも紹介しているTBI・PMTCはもちろん、定期検診で行っております。

 

お気軽にお問い合わせください。0897-41-6551受付時間 9:00-19:00 [ 木・土午後・日・祝日除く ]

WEB予約